前野曜子/メモリアル・コレクション“ベスト”〜別れの朝〜 GRCL-6079/CDアルバム/¥2,700(税込)
発売日:2018年7月31日
grcl-6079b.jpg

1.別れの朝
2.そして今は(NOW)
3.さようならの紅いバラ
4.気になる女の子
5.告白・アイ・ラブ・ユー
6.蘇える金狼のテーマ
7.野獣死すべし
8.幻の星
9.深夜ジョッキー
10.ユー・アー・ラヴ
11.星ふる夏
12.マイ・ライフ
13.JUST LIKE YOU AND ME
14.LONGEST NIGHT
15.コブラ
−ボーナストラック−
16. 雲にのりたい
-------------------------
<1969年〜1982年録音作品>

没後30年。今尚多くのアーティストからリスペクトされている、伝説のディーヴァ 前野曜子。レーベルの枠を超え、彼女の遺した貴重な音源を凝縮したベスト・アルバムが、遂に完成!

没後30年。今尚多くのアーティストからリスペクトされている、伝説のディーヴァ 前野曜子。71年ペドロ&カプリシャスの初代ヴォーカル(2代目はあの高橋真梨子)として颯爽とステージに登場し、「別れの朝」を大ヒットさせオリコン1位を獲得した。他にもリッキー&960ポンドやソロとして60年代終わりから80年代まで活動。稀な美貌と歌唱力を兼ね備えていた彼女は、その資質を充分に発揮させる事なく惜しくも88年に40歳という若さで急逝。彼女が遺した音源のほとんどは、2011〜12年に“前野曜子メモリアル・コレクション・シリーズ”(初期リッキー&960ポンドの音源を除く)として全7タイトル(内6タイトルが初CD化)がCD発売された。そして没後30周年に当たる2018年、レーベルの枠を超え彼女が遺した貴重な音源を凝縮したベスト・アルバムが遂に完成。「別れの朝」「さようならの紅いバラ」「蘇える金狼のテーマ」「コブラ」等代表曲を含む全16曲入。【限定盤】

枚 
[ プロフィール ]
前野曜子:1948年1月25日生まれ、東京都出身。宝塚歌劇団からリッキー&960ポンドを経てペドロ&カプリシャスの初代ヴォーカルとなる。71 年に発売されたデビュー曲「別れの朝」を大ヒットさせたが、73年脱退。ソロ活動やリッキー&960ポンドに復帰等をした後、79 年松田優作主演の角川映画『蘇える金狼』のテーマをソロとして歌い大ヒットさせる。その後80 年代に入り、日本コロムビアと新たに契約を交わし、3 枚のアルバムの発売やTV アニメ『スペース・コブラ』のテーマ曲をヒットさせた。しかし、稀な美貌と歌唱力を兼ね備えた彼女だったが、以前からのアルコール依存症等の健康問題が深刻化し、その資質を充分に発揮させる事なく88 年7月31 日永眠。享年40 歳。訃報はリアルタイムではなく、3 年後に初めて報じられた。淋しい最後となったが、現在もリスペクトするアーティストや熱心なファンも多い。
gw_border_r_l.gif